POLAのフォルムの口コミや評価は?効果は本当にあるの?

髪

髪の毛は紫外線を浴びてしまうと、様々な悪影響が出てしまいます。

皆さんは、海水浴に行った後、髪がどうしてもゴワゴワになってしまう…といった経験はありませんか?

もちろん塩分の影響もありますが、一切海に入らなくても、髪はゴワゴワになってしまいます。

その原因は、紫外線。非常に強いエネルギーですから、髪へのダメージも非常に強いものとなります。

例えば、強い紫外線を受けてしまうと乾燥してしまったり、ツヤがなくなってしまったりといった症状が出ることもあるようです。

肌の場合は、少し赤くなったり、ヒリヒリしたり…紫外線の影響が非常に分かりやすいですよね。

しかし、髪の場合はそうはいきません。紙が痛んでいたとしても、なかなか分からないものではないでしょうか。

紫外線を受けてしまうと、キューティクルがはがれてしまいます。

キューティクルは、髪を保護してくれているとっても大事なもの。それがはがれてしまうのですから、髪に対して非常に強いダメージがいってしまうのです。

また、切れ毛の原因になってしまうこともあります。夜にクシで髪の毛をとかしていると、ブツブツと毛が切れてしまう…そんなこと、いやですよね。

切れ毛になるだけでなく、触っただけでゴワゴワしているのも分かるのではないでしょうか。髪の毛を洗う際にもガシガシしていて洗い辛い…という経験はありませんか?

紫外線

さらに、紫外線は髪の毛だけに影響のあるものではありません。髪の毛の下、つまり頭皮にも非常に強い影響があるのです。

肌に直接あたるとじりじりしますよね。髪の毛がある為直接日光が当たる面積は少なくなりますが、紫外線による影響は決して軽視できません。

例えば、フケの原因になってしまうとも言われています。

そもそも、フケとは一体何なのでしょうか。「頭に出てくる白い物」というイメージはあっても、実際にそれは何なのか答えることが出来る人は少ないのではないでしょうか。

フケは、簡単に言えば私たちの皮膚です。ターンオーバーによって剥がれ落ちた古い皮膚が髪の毛につき、白く目立ってしまっているのです。

肌をこすると垢が出ますよね。それと同じです。

もちろん、普段もターンオーバーによって肌は入れ替わっています。しかし、普通の人であればそこまで気にするほどフケはでてきません。フケが気になるというのは、基本的に皮膚に異常がある人になります。

例えば、乾燥したパラパラとしたフケが出る場合。

その原因は主に頭皮の乾燥です。

乾燥

頭皮が乾燥してしまうことによって皮膚がたくさん剥がれ落ちてしまい、白くめだってしまっている状態です。

その原因は本当に様々。先ほど例に挙げた紫外線も原因の一つです。紫外線が頭皮にあたることによって、頭皮は非常に多きなダメージを負います。その結果、どうしてもかんそうしてしまい、乾燥したフケがたくさん出てしまうのです。

また、シャンプーの使い過ぎによってもフケが出やすくなることをご存知ですか?

シャンプーは使い過ぎてしまうと、髪や頭皮に必要な皮脂を根こそぎとってしまいます。その皮脂によって乾燥を免れているため、皮脂がなくなることによって乾燥してしまうのです。

よく「顔を洗い過ぎるとニキビがでる」なんていいますよね。ニキビを治すために顔をゴシゴシ洗っているのに、その結果ニキビがさらに出てしまった…なんて人もいるようです。

それも頭皮のフケと同じ原因。皮脂を摂りすぎてしまうことによって肌が乾燥、その結果肌が荒れてしまい、ニキビが出てきてしまうのです。

アレルギー

さらに、アレルギーの人の場合は特にフケが出やすくなってしまいます。

例えば、アトピー性皮膚炎の場合。

どうしても頭がかゆくなってしまいますよね。髪で蒸れてしまい、刺激が加わり、かゆくなる…そこで掻き毟ってしまうと、肌へのダメージが強すぎて、肌が荒れてしまいます。

その結果、フケがたくさん出てしまうのです。

また、刺激が強いシャンプーを使っている人も要注意です。

特に男性の場合は、すっきり感が欲しくて刺激の強いシャンプーを使っている人も多いですよね。

確かに、刺激の強いシャンプーであれば、しっかりよごれもとることができます。さわやかな気分になることが出来るでしょう。

しかし、その時に必要な皮脂も一緒に流してしまっているのです。

さらに、頭をゴシゴシ洗っていると、頭皮にダメージがいきます。爪があたろうものなら、その部分が炎症を起こし、フケを発生させることだってあるのです。

頭皮へのダメージはそのまま薄毛につながります。

逆に、油脂がありすぎてフケが出てしまう人もいます。

その主な原因は、食生活。

例えば、脂っこい食べ物をたくさん食べると、頭皮からたくさんの皮脂が出てきます。その結果、頭がオイリーな状態になり、油脂性のフケが出てしまうことも…。

肉

また、強いシャンプーによって皮脂を洗い流しすぎるのも原因になります。

皮脂を洗い流してしまうと「あれ?もう頭皮に皮脂が無いの?じゃあ頑張って作らなきゃ!」と体は皮脂をたくさん作り始めます。その結果、フケが出てしまうのです。

もしもこういったことに悩んでいるのであれば、POLAのフォルムを使ってみてください!

POLAのフォルムは頭皮のエイジングケアに着目したシャンプーです。

強すぎず、かといって弱すぎない。適度な強さのシャンプーであり、頭皮や髪に対しても非常に優しいシャンプーです。

その証拠に、POLAのフォルムはノンシリコンシャンプーなんです!

頭皮や髪へのダメージは最小限に抑え、むしろ髪に優しいシャンプーに仕上がっています。

皆さんがシャンプーを購入する際に気にする点は何ですか?値段?見た目?

香りで選ぶ人も多いのではないでしょうか?

POLAのフォルムは『ライジングアロマ』の香りです。ゆっくり体を休めることが出来る柔らかい香りであり、とても良い香りと言うことが出来るでしょう。

キューティクルって何?

キューティクル

髪の毛が痛むのはキューティクルがはがれているから!…というのを良く聞きますが、そもそもキューティクルとはどんなものなのでしょうか。

キューティクルは、簡単に言えば髪の毛を構成している部分の一つ。

内側から順に『メデュラ』『コルテックス』『キューティクル』となっています。

コルテックスといえば、クラッシュバンディクーを思い出しますよね!(笑)

一番内側にあるメデュラは、簡単にいえば毛髪の『芯』の部分。

メデュラがあるからこそ、毛はピンッとコシのあるものになるんです。

例えば、産毛にはメデュラがありません。芯がない毛だからこそあそこまで細く、そして柔らかいんです。

また、赤ちゃんの髪の毛にもメデュラはありません。

赤ちゃんの髪の毛って本当に細くて柔らかいですよね。それはメデュラが無いからなんです。

その外側にあるのがコルテックス。メラニン色素や水分などを含んでいる、髪の毛の状態を決める層です。

コルテックスがあるからこそ髪の毛に色がつき、しなやかさを持っているんです。

そんなコルテックスのさらに外側にあるのがキューティクル。

キューティクルの一番の目的は、外部からコルテックスやメデュラを守ること。

キューティクルは根元から髪の毛のさきっぽにかけてうろこ状になっています。

よく育毛剤やシャンプー、白髪染めなどのCMでもそんなシーンが出ていますので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

キューティクルがしっかり密着している場合は、外部からの刺激から髪の毛を守ることが出来ます。

しかし、このキューティクルがなくなってしまうと…?

途端に髪の毛は傷つき、痛んでしまうのです。

キューティクルは硬質タンパク質であるケラチン。ケラチンがコルテックスを守る役割をしているのですが、このケラチンは熱に非常に弱いもの。

例えば、ヘアアイロンをするとキューティクルが溶けてしまうなんてこともあるのです。

また、摩擦に非常に弱い性質があります。頭をなでる程度では問題ありませんが、ブラッシングやシャンプーでゴシゴシ洗うなどによってキューティクルははがれてしまうんです。

一度整理しておきますと…

髪の毛は3層。メデュラとコルテックスとキューティクルからできています。

メデュラは髪の毛の芯であり、コルテックスはメラニン色素や水分などを含み、髪の毛のほとんどを占めるもの。キューティクルはそれらを守る騎士のような役目…ということですね。

髪の毛の『コルテックス』って何?

髪

コルテックスと言えば、皆さんはどんなことを思い浮かべますか?

ちなみに私は真っ先に出てきたのは、黄色い肌のおじさん。クラッシュバンディクーにボスキャラとして出てくるおじさんですね。

今回お話しするのはそのコルテックスではありません。髪の毛の構成要因の一部であるコルテックスです。

コルテックスは、髪の毛の3層のうち、真ん中の部分。基本的に繊維状のタンパク質でできているものとなります。

コルテックスは、髪の毛の大部分を占めているものとなります。その割合、なんと8~9割。

非常に大きな割合をしめているからこそ、髪の毛にとって非常に重要な要素なんです。

その主成分はタンパク質。さらには脂質であったり、水分であったり、メラニン色素であったり。

つまり、コルテックスが無い場合は髪の毛は色が無くなっちゃうんです。

人によって「髪が柔らかい」「髪が細い」といった個性がありますよね。実はそれは、コルテックスの違い。

コルテックス内の水分が多ければしなやかな髪になるし、コルテックスが少なければ髪の毛が細くなります。

そのコルテックスを守っているのが、キューティクル。

良く紫外線で傷ついてしまうとか、ゴシゴシやるととれてしまう、なんて言われるアレです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする